FC2ブログ

エピローグ 前篇

みなさま、こんにちわ。
相変わらず慌ただしくも忙しい日々の中の人です。

今日は久しぶりにエリーゼのコトを綴りたいと思います。
と言っても、もう手元にエリ子はおりませんので・・・
最後に残っていたまだうpしてない画像と共に、エリーゼと言う車を振り返りたいと思います。


思い出はエリーゼと共に
もう、最後の最後に大阪唯一の村、千早赤阪村にてパシャリ。

やっぱカッコイイですね。
エリーゼは走っている姿ももちろんカッコイイですが、止まってたたずんでいる姿もまた絵になります。

エリーゼに乗るなら、ちゃんとしたカメラで写真を趣味にする。
そんな乗り方もステキだと最後の方で気付きました。(笑


最近では新居に向けたお買い物車
エリーゼとの生活は終わりになりますが、新生活は始まります。

普通の乗り手だったら、最後の思い出に色んなトコへとドライブして楽しむんでしょうけど・・・
新生活って結構、準備が大変なんですよね。
なので、いつも通りの日常使いがエリーゼとの最後の思い出。(笑

まぁ、行く場所がスーパーではなく、お洒落な家具屋、カーテン屋、インテリア雑貨屋となりましたので、少しはグレードアップしたかな?


もちろん仕事にも全力で使います
もちろん、いつも通り、お仕事でもガンガンに乗ってました。

ホントにエリーゼは万能な車ですね。
燃費もよくて、チビっ子にも大人気な車ですので、オススメです。

と言う訳で、エリーゼがなくなってから約2週間が経ちました。
あれだけ、心がどうにかなるかと思った訳ですが、意外にもエリーゼが無いコトの違和感はありません。
車が無いとか、エリーゼが無いとかよりも、日々とんでもなく問題が起こり、アクシデントがあり、やることが多くて、むしろそっちに気を取られているからか?
んでもって、日常生活に車が無いコトも別に普通です。

大阪市内だと車なんて所有していなくても全く問題無いと言うか、気にもならないのかな?
大阪でコレなら、東京とかどうなるんでしょうね。(怖


ちょっと生活が落ち着いた頃に、ゆっくりとブログでも読み返して・・・
エリ子との日々の思い出を懐かしみたいと思います。


で、コレでブログが終わっては、数少ないブログファン(いるのか?w)の方に申し訳ないので・・・

今日は、ローバーエリーゼに一生乗ると言うコトはどんだけのメンテが必要なのかお伝えしたいと思います。
(一生乗ってないけど・・・w)


1後ろがバラバラです
うっわあああああ・・・ 嘘でしょおおお~ (泣

と言う訳で、主治医の店(旧TKスポーツ)にて後ろがバラバラになってしまったエリ子さん・・・
他のエリーゼがエンジンをホンダ化するとか何とかで、何度も見た光景ですが、さすがに自分の車がこうなってしまっては焦ります。


なんてコトしてくれたんだよっ!

って、怒鳴りたくなります。
だって、仕方ないじゃない。素人の中の人が見たら完全にもう元に戻らないようにしか見えないもん・・・

こんなコトになるなんて聞いてないよ~!(泣

っていう感じです。

経験上、中の人の不注意(事故)から前部分が無くなるコトは何度か体験しているのですが・・・ ヾ(・∀・;)オイオイ
後ろ部分が無くなるのはコレが初でしたので・・・

この時はどうなろうが、一生エリ子に乗るつもりでしたので、「一生乗れるように、50万kmぐらい余裕なようにメンテして!」ってコトでこうなったのであります。
確か、走行距離数にして約14万km走ったトコでした。

今まではどんな車に乗っても、オイル交換と足回りやマフラーなどのパーツを交換するぐらいでした。
ホントの意味でのメンテってのは、エリーゼに乗って初めて経験したと思います。
車ってそんなに色々と替えなきゃダメなんだって初めて知りました。

車の寿命は10年とか10万kmとか、そりゃそうですよね。
なぁ~んもメンテしなかったら、そりゃそうなるわな・・・

今回のメンテで、そのコトをハッキリと認識しました。
もちろん、14万kmも走っている間にメンテは何もしなかった訳ではありません。
壊れやすいと有名なエリーゼだからと言う訳ではありませんが、おそらくは世の中のエリーゼ乗りの中でもトップクラスのメンテ代を費やしたコトだと思います。

(´ε`;)ウーン そうですね・・・
毎年マーチが新車で買えるぐらいでしょうか?
たまに出来心と諸事情で中古のエリーゼが買えるぐら(ry


2あちゃぁ‥コレはやっちまったか?
結構誰よりもメンテしてきた自負はあったのだが・・・

レストアってココまでメンテするんだ・・・
一体どうなるのか?はたして元に戻るのか・・・w


3コチラが名機VVCローバーエンジン
コチラがエリーゼにピッタリの名機ローバーエンジンです。

ローバーエンジンは軽さが最大のウリ・・・ だと思います。
ドコからでもトルクもりもりで加速するのは、エンジンもそうですが、そもそもS2初期までのローバーエリーゼそのものが軽量だからだと思います。
ひょっとしたら、エンジンとギア比からのローバー型の特性かもね。


4このローバーエンジン搭載のエリーゼが神です
VVCが無い更に軽量タイプの方が乗り方に合ってたかもな・・・

中の人がVVCを発動させたのは2回ぐらいかな?
その代わりに、エリーゼ乗りのお仲間が試乗した時にきっちり発動してくれました。(笑


5エンジンから何から取れてます
エンジンから何か取れてますかね?

ちなみに、コチラの画像は1日で撮ったものではありません。
数ヶ月に渡って撮った映像になります。
エンジン下ろして、色々と取って、後ろ全部なくなるメンテをしたら、完成までに数ヶ月掛かります。
数ヶ月の間、特に用も無いのにそれだけお店にお邪魔した訳で(ry


6コチラがエンジン型番と製造Noですね
コチラがエンジンの型番ですね。

18K4KでVVC付の1800ccローバーエンジンってコトになります。
その後ろのP44とかはギア比みたいですね。
何かの資料で読みましたが、ローバー型はギア比違いとかで同じエリーゼでも5パターンぐらいのエンジンが存在するようです。


7どうやったら元通りになるのw
(´ε`;)ウーン… コレ、どうやったら元に戻るんだ・・・


8ヘッドとかタペットとか
えっと・・ コレってエリ子のエンジンの蓋?(業界用語でヘッド)

なんか横に並んでる出来損ないの乾電池の蓋みたいなのは、タペットと言うらしい。
このタペットも全部交換するらしく、このタペットの交換が結構大変な作業だとかなんだとか聞きました。
古くなって劣化すると、エンジン音に金属音が混じるようになります。
それが有名なタペット音でしてこのパーツから発生するみたいです。

確かにエリ子も、カンカンカカカカ・・・とエンジン始動後スグに小さい金属音が混じってました。自分ではまったく解らんかったけどw


9キレイなヘッドですね
キレイなヘッドですねぇ~

また組み直す時に、当然ガスケットも交換してくれるみたいです。
ガスケット交換はコレで3回目になるのかな?
面研も当然してくれるみたいです。
ローバー型はガスケット抜けが最大の弱点になりますから・・・w

国産車に乗っている時にはこんな経験はまず無かったですね。


10エアクリもひび割れ要交換です
エアクリもカーボンの枠以外は全て交換になりました。

ジャバラ部分とかに亀裂があったらしい。


11ほぼ使用限界のクラッチ
今回初めてとなったクラッチの交換です。

14万kmも走っていると、当然に交換が必要になってくるパーツ。
もうほとんど使用限界らしいのですが、キレイに満遍なく磨り減って、上手い運転だと褒めて頂きました。
まぁ、上手い運転と言うよりはほとんど3000回転以下だし、高負荷も掛からないから、悪く言えばぬるぬるな運転ですり減らなかっただけかも知れませんが・・・w
きっとエリ子が軽すぎて負荷が掛からなかっただけでしょう。(多分

50万km乗るために、一生乗るために・・・
そうなれば、アレもコレもと色々交換しなきゃダメなんですねぇ~
14万kmも乗ったら、ココまで劣化するんですね。

車重の軽いエリーゼでこの状態ですから・・・
重い国産車で何もメンテしてない車がちょっと怖いです。
運が良いのか、それとも国産車が丈夫なのか・・・
10万kmも何のメンテもせず乗ってる方はご用心ですよ。


12よくココまで使えましたw
よくココまで使えましたよね。

このタイミングでフルレストアして良かったです。
何もせず乗り続けたら、手遅れになっていたかも知れません。


13プーリーが一番酷い状況ですかね?
クラッチも残りギリギリだったみたいですが、ホントにヤバイのは・・・


14プーリーがヒビだらけ?
ベルトを回していたプーリーがこのようにひび割れだらけ・・・


15裏側からもしっかりひび割れ確認できます
裏側からもハッキリとひび割れが確認出来ます。

そのまま乗っていたら、ファンベルトが切れるとか言う以前にプーリー本体側がぶっ飛んで終わり!?
ベルトもぶっ飛んで、カムも制御できなくなり、バルブとピストンがゴッチン子で、エンジン本体終わりとなってましたね。

10万kmを超えたらフルレストアいりますね。
一生とは言いませんけど、大事に大事に乗り続けたいならね。
もう、色々と分解して貰ってダメなパーツを自分で確認して・・・

そう確信しました。

ローバー型は特にゴム系を多用してますので危ない気がします。
エリ子でこのフルレストア時で車齢14才かな?ゴム系も経年劣化の限界でしょう。
まぁ、年数、距離数で言えばトヨタ型も同じだと思いますが・・・

今、エリーゼに乗っておられる方は、残念な結果になる前に、一度フルレストアを考えてみてはどうでしょうか?

(つづく)



にほんブログ村 車ブログ オープンカーへ

テーマ : 修理 - ジャンル : 車・バイク

コメント

おっしゃる通りです。

どーもデス。
おっしゃる通り、確かにトヨタと比べるとローバーの方が色々と自然だったと思います。

メンテナンス、すごいですね。自分はここまでできず乗り換えてしまいましたが(笑)、細かなところをチョコチョコ交換していました。

一度忠告無視してたら、その後ソコが見事に故障した苦い経験があります。やはりプロのアドバイスは聞いておきましょうという勉強になりました。

竹ノ本秀麿さんへ

メンテナンス・・・ この内容って実は全然一部なんですよね。(汗

しかし、ココに行き着くまでも何度かリアカウルも外してますし、エンジン周りからスロットル、足回り、マフラー、センサーもろもろと・・・
いくらレストアと言っても今まで何百万とやってきたんだから、そんなにやるコトもないだろう・・・ ってタカをくくってました。

10年以上前、過走行の車を新車以上に仕上げていくって、お金を出す方もやる方も大変だと思いました。
特にコストと重さを削減しまくったローバー系は・・・w

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

中の人

naru (とエリ子)

Author:naru (とエリ子)
軽い車…好きなんです
屋根ないの( ・∀・)イイ!

ブログランキング参加中

FC2Blog Ranking

FC2カウンター
最新記事
カテゴリ
コメント アリガト!(´▽`)
月別アーカイブ
ブログ更新日
06 | 2019/07 | 08
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
設定方法わかったかも・・
リンク
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
車・バイク
109位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
スポーツカー
5位
アクセスランキングを見る>>
検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最新トラックバック
解析と広告の忍者