FC2ブログ

いつものようにツーリング@お仕事

いぁ~ 平日です。暑いです。真夏です。
そんな今日のお仕事はツーリング! ´3`)ウフフ

と言うか、遊ぶコトがお仕事です。v(。・ω・。)ィェィ♪
某ゆるキャラと1日戯れるミッション!

ってな訳なら、もうコレは得意とするツーリングでしょ?
いつも通りの奈良の山奥を走り回るだけです。(笑

w( ̄△ ̄;)wおおおおおっ!

ミス奈良の辻村さん?
JR奈良駅から猿沢の池に続く道にミス奈良が居てるっ!?

(。-_-。(。-_-。(。-_-。(。-_-。)。-_-。)。-_-。)。-_-。)ポッ♪
か、カワイイなぁ・・・ ってかミス奈良なのに宝くじのティッシュ配りとか地味なコトもきちんとミスのユニフォームでやるんですね。炎天下なのに・・・
たぶん、この方はミス奈良の辻村さんですかね?
3人のミスのうち、お1人だけでしたが・・・

ちょっと関心してしまいましたよ。
こんな炎天下に、そのユニフォームと厚手の帽子は暑いっしょ?


とりあえず、手を振ってツーリングを続けます。
ココから先は機密事項なんで詳しくは書けませんが・・・

なんて言うか、おきまりの布目ダムからアッチコッチに。
布目ダムは普段行かない対岸も含めて4往復くらいしました。

で、折角だから名所?迷所?
布目ダムから、ココ2~3年で体験した中で最も過酷な酷道へ。

トンでもない凸凹と道幅です
(-ω-;)ウーン 今にして思えば・・・ ココをエリーゼで行くって・・・(汗

完全に自殺行為ですね。
なにか嫌なコトがあって、人生を投げ出したとしか思えません。
ココに比べると、暗峠も酷道28号線も309号線も子供騙しです。
一番の救いは距離がわずか4km程度だってコト。


コレがまためっさ酷道なんですよね
ヤバいとか狭いとか凸凹とかもちろんですが対向車1台で即死。

この道は対向車とのスレ違いが全く出来ません。
突入するなら、バックで2~3kmを覚悟してないとダメです。
実際のトコ、偶然にもバイカーさんらしき人も上がってきたのですが、バイカーなその人でさえバイクを捨てて歩きでした。
バイクだとぬかるんで急勾配で落葉だらけなのが即死なんでしょう。
コチラの車を見て少々ビビってました。

そんな訳で、頂上?の天乃石立神社に到着。

天の石立神社です
ホンマにもう、次こそは歩きでしか行かないから・・・


少し下に降りれば、それほど酷道でもないんですけどね・・・

一刀石の酷道へ再び
ココは気温も、別な意味でもホント涼しいトコですね。


その後はウロウロと布目ダムから今まで行ったコトのない道、細い道でも躊躇するコトなく行ったり来たり・・・
やはり、車が自分のエリーゼでない分、思い切っていけますね。
で、見つけました。v(。・ω・。)ィェィ♪

やっぱ、奈良の道って最高!ヽ( ´¬`)ノ ワ~イ !!
いつも通りの布目湖周遊コースもイイけど・・・
布目グラウンド横の駐車場過ぎて左へ続く丹生方面の道って、何気にイイじゃないかっ!
コレぞ、趣味と実益を兼ねた仕事ですね。
ってか、仕事と実益を兼ねた結果、後日の趣味へ繋がる感じ?
いあ、神の道とまでは言えないけど・・・

割とタイトで先行車も居なくて快適っ!
一部、車が通らないマイナー道路なのか、急過ぎるコーナーも注意書きがなくコーナー上が砂だらけだけどね。
油断してノリで走ってると、エリーゼなら簡単にスピンしそうです。
あと、途中で少し酷道っぽい道路となりますが酷くはないです。

今後は布目湖から丹生方面へと左に曲がり、柳生方面の369号へと抜ける道の練習もアリかな?と。
逆に般若寺からコースINして裏神の道を味わった上で、柳生から花しょうぶ園方面へと右に曲がり、丹生方面を抜けて布目ダムにINもアリですね。
ちょっと多目のドキドキを味わえそうです。´3`)ウフフ

そんなこんなで朝から昼過ぎまで布目あたりをウロウロ。
プライベートでもさすがにこんだけ走ったコトはないぞ?w


そこからは色々省いて、室生ダムへ。
今回は自分の車ではないので、場所は知ってるけどエリーゼで突入するには不安のある所、酷道すぎると恐れて突入できずにいる所でも躊躇無く行きたいと思います。


その第1弾がココ。
室生ダムの奥にうっすら見える赤橋です。

室生ダムの赤橋も経験しちゃった
コレは細くて長くてエエ感じの吊り橋ですね。

橋は固くて、他の吊り橋のようには揺れません。
ココまで来る道も、まぁエリーゼでも大丈夫そうです。


で、ココからも色々と省いて・・・
と言うか、裏の紅葉コースから室生寺を抜けて龍穴へと進み・・・
酷道と呼ばれ恐れられている28号線をひたすら走り続けました。

28号線、全部走破しましたが酷道レベルではまぁまぁですかね?
問題は対向車が地味に多いってトコでしょうか?

この辺りの山道の酷道具合だけで言えば・・・

28号線<<309号線<<<<<<<天乃石立神社道だと思う。
もっとも距離を考慮すれば圧倒的に309号線が酷です。
噂によるとエボエリさんの弟さん曰く、「バイク乗りでも309号線は入らない、引き返しますよww」だそうです。(笑


と言う訳で、東吉野の八幡温泉・ふるさと村に到着。
旧八幡小学校を改装した食堂「いちえ」さんで遅いランチです。

前回は焼き魚が食べたくて鮎の塩焼き単品を頼みましたが・・・
今回は朝から走り回って、炎天下なので腹が減ってます。
しかも、スデに16時前でホンマに腹ペコです。

なので、定食をオーダー。
鮎の塩焼き単品が600円。
定食はどれも1000円以上となる高級価格なんですが・・・

(ノ´▽`)ノオオオオッ♪
めっさ、イイやん!最高やん!
1000円の価値、充分やん!



とんかつ定食1000円
コチラ、とんかつ定食1000円ですが・・・

とんかつがデッカぃ!
しかも、超肉厚っ!


表記はしてないけど、完全にメガ・とんかつですね。
某所でありがちなBIGとんかつ定食(600~800円くらい)と比較して何が違うって、肉の厚さが全然違います。
あと、豆腐とかサブの野菜類がこんなに凝ってませんよね?


で、コチラが中の人が頼むべくして頼むだろういつも通り・・・

唐揚げ定食1000円ですが?
(ノ´▽`)ノオオオオッ♪ イイじゃん!
ってかエビフライまでのってるww


普通、唐揚げ定食って鶏唐揚げだけなんだけどね・・・
まさかのエビフライがONです。

コチラもご飯の量含めて、メガ系ですね。
パッと見た目はとんかつ定食の圧勝ですが、どうも原価の安い唐揚げとのバランスってコトでエビフライがのってるのかな?
エビフライ無しでどっちも1000円だと、食材原価的に唐揚げ定食の分が悪くなりますもんね。


で、今回の相棒である運転手のP君とお互いにシェア。
このシェアで、中の人は唐揚げ定食ではなく、エビフライ、とんかつ、唐揚げと3種のった豪勢なミックスフライ定食・大になる訳です。

超肉厚でコレにはびっくり
コレはすっごい厚みです。しかもジューシーでやわらかで美味っ!


今度からのランチは、布目ダムに近いブランポート、まんま亭、ハーブクラブもイイけど、コレはわざわざココまで来て食べるってのもアリですね。

「ブランポート」で布目定食800円。
「まんま亭」でカレーなら1000円。
「ハーブクラブ」で石釜は1300円。

ふるさと村食堂「いちえ」なら1000円。

ちょっと遠いけど東吉野アリですね。
次は高すぎビビったふるさと定食1350円?にもトライしたいね。


そんな訳で、すっかり満足&満腹になった後は・・・

解ってる酷道を行く訳です。w
また酷道を走りまくる・・・ (笑


そんなこんなで炎天下の中、11時間くらいのお仕事ツーリング。
結構疲れました。車を止めた後は炎天下の中を自分の足で走り回ったり、山を登ったり下ったりだったんで、やはり汗だくです。

ってか、エリーゼで暑くて汗だくなのは当然だけど・・・
普通の車でも、そんなに状況は大差ないのかなぁ~・・・

そりゃ、エアコンが効いてて走行中は涼しいのは涼しいけど・・・
外に出た時のギャップと滝汗度合が酷いですね。

エアコンなんて使わないエリーゼでも、真夏でもへっちゃらなエアコン付き一般車でも言うほど変わらないんじゃないかな?
案外、エリーゼでも実は快適なんじゃない?
と思いました。


と言うか、思い込むようにしました。(笑


(おまけ)
抜け出た水分は、晩酌のビアで大量摂取にて・・・w

そんな今夜もビアで泥酔の予定です
今夜は彼女さんお土産のアテも追加されて・・・

コレがまたビアを加速させるのよね w


関連記事
スポンサーサイト



にほんブログ村 車ブログ オープンカーへ

テーマ : ツーリングレポート - ジャンル : 車・バイク

中の人

naru (とエリ子)

Author:naru (とエリ子)
軽い車…好きなんです
屋根ないの( ・∀・)イイ!

ブログランキング参加中

FC2Blog Ranking

FC2カウンター
最新記事
カテゴリ
コメント アリガト!(´▽`)
月別アーカイブ
ブログ更新日
06 | 2013/07 | 08
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
設定方法わかったかも・・
リンク
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
車・バイク
89位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
スポーツカー
4位
アクセスランキングを見る>>
検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最新トラックバック
解析と広告の忍者