FC2ブログ

エピローグ 後篇

エリーゼ・・・
つい先月のコトなのに、もう何年も経ったような気がする。


小さいのがイイよね
エリーゼの最大の魅力は軽いコト。で、超絶カッコイイ。

フェイスブックで絶版名車とかでスマート・ロードスターが紹介されてました。なんでもパワーは82馬力ぐらいなんだけど、色々と簡素化されて車重が850kgぐらいで後ろにエンジンがあってリアドライブでパワーは無いけどキビキビ走るスポーツカー、扱いやすいし、地面に座るような着座位置で速くはないけど、速く感じるコトができる面白い車だってさ。
軽自動車ぐらいのサイズ感で横幅を少し広げた独特のフォルムにオートマの6速ミッションですって。

スマート・ロードスターで面白いなら・・・
エリーゼはどうなるw 爆笑ネタじゃないのか?w

もっと古典的でオート・・ なんて言葉もないぐらい全て自分操縦。
古典的すぎる5速ミッション、もっと何もかもとっぱらった車重は850kgなんてトンでもない。もっと軽いぞ?100kgぐらい軽い。
それでいてパワーは156馬力(ローバーVVC型の場合)だ。
地面に体育座りで座る感じでヘタしたら軽より小さく見える。

そんなコトを思いながら、とあるお仕事中・・・


この道ホントに通るの?
美原にある某会社へ初訪問した時のコトだ。

細い道を右に曲がると駐車場があるって聞いたんだけど・・・
この道ってホンマに通って良いの?
両サイドのドアミラーが割とパツパツな感じなんだけど・・・
けど、まぁ、まだ両側とも10cmは余裕がある。
いくらエリーゼが軽みたいに小さいって言っても、それはスマート・ロードスターもそうだが横幅だけは割とデカイんだ。
コレでも一応は3ナンバーの車両で横幅は1720あるんだぞ?


道が無くなるのでは?
(・3・) アルェー もっと狭くなるの?

エリーゼとの思い出は結局いつもこんな感じなのか・・・

っと、そこで携帯に着電。どうやら、ド派手に行き過ぎていたらしい。
んでもってこの道には入ったらあかんらしい。
軽自動車で対向車が来なければギリで行ける噂らしいが・・・
誰も突入しないらしい。突入すれば千と千尋の神隠しである。

仕方なく鬼バックしましたよ・・・

距離にして30mぐらい・・・
ドアミラーが無くなるかと思いましたよw


そんな訳で、前置きが長くなりましたが、エピローグ後篇です。
エリーゼに一生乗ると言うコト、14万km、14年経った車をレストアすると言うコトはどんだけ大変な作業になるんでしょうか?


16燃料タンクも外しました
と言う訳で、別の日に見に行ったら燃料タンクが外れてました。

エリーゼの燃料タンクは34Lです。小さいですね。
小さいけど、ローバー型なら燃費は山道で15km、高速だと20km近くまで伸びるので34Lで充分です。
下道をメインにぐりぐり山道を走っても大阪から御殿場まで行けます。
(燃費はイジリ方と乗り方で大幅に変わると思いますが・・・)


17コチラが古い燃料ポンプ
コチラが古いもう部品がないローバー型の燃料ポンプです。

S2の燃料ポンプとS1の燃料ポンプは形が違うらしいです。
別に壊れている訳ではありませんが・・・
以前に乗らずに放置していたTT君の燃料ポンプが死んだので、一生乗るならこのタイミングで替えるべきだと思い、無理言って交換して貰うコトに。

しかし、交換して貰うにも部品なんてありません。
なので、国産車の燃料ポンプをローバー型エリーゼに合うように主治医がなんとかしてくれました。
ホントにお金のかかる子ですよね。(汗


18コチラも段差をなくします
なんだろう?嫌な段差があるらしく、削っております。


19ちょっと段差を研磨
本体側にもバリと言うか、段差があったので研磨してくれました。

ローバーエリーゼ TYPE-Rの完成です。(汗
エンジンをホンダ化した訳でもないのに、TYPE-R仕様になりました。


20古い捨てるパーツ達です
コチラは使い終わった捨てる部品の一部です。

クラッチとタペット、ガスケットにオルタネーターとか・・・
こうやって見ると何をどうしたか解り易いですね。


21試しにエアコンのガス注入?
試しにエアコンのガス注入しております。

確か、フロント部分はエアコンユニット本体丸ごと交換し、全てのガス経路のパッキン、Oリングも交換済です。
10年以上経って初めてエアコンが使える状態になる的な・・・w


22ミッションのワイヤー付け根はピロ化しました
ミッションのワイヤー付け根はピロ化して頂きました。

古典的なワイヤーでのギアチェンジのローバー型はこの部分も壊れやすいウィークポイントです。
もっとも、ピロ化してもカチカチとシフトが決まる訳ではなく、やっぱりそこはグニャリグニャリと決まる唐揚げシフトのままです。


23下回りが久し振りによく見えます
アンダーパネルを外して、下側がよく見えるようになりました。


24テストでチタンマフラーを装着してみました
テストでフルチタンのワンオフマフラーを装着してみました。


25マフラーとしての収まりはキレイ
試しにカウルを付けてみて・・・ おさまりはイイ感じですね。


26けど、爆音w
けど、エンジン始動したら爆音でしたwww

なんだろう?チタンだから乾いた感じの高音と言うか、金属音のする爆音ですかね?
そもそも、このマフラーは別の車両用に作ったワンオフですので・・・
中の人には合いませんね。

爆音はマンションで立駐に停めるのに迷惑だし・・・
マフラーの出口が下なのはトヨタ型の特徴です。
ローバー型大好き人間としてはやはり左右2本出しでしょう。


27復活に向けて組み上がってきました
色々と仕上がってきましたね。まぁ、エンジンも掛かったしね。

わがままを言って、純正と同じ形状のフルチタンマフラーをワンオフして貰うコトにしました。
やっぱり純正は考えられた形をしていると思います。
だって、カッコイイもん。ローバー型はフロントの彫りの深さと左右出しマフラーとアチコチにあるエラが最大の魅力ですよね。


28あとはワンオフのマフラー待ちです
あとはワンオフのマフラーが出来上がるのを待つだけです。


ながい長いフルレストアになりましたが、やって良かったです。
もっとも、このあと3年後に結果的に手放すコトになるので、ココまでお金を掛けなくても良かったかも知れませんが、それでもやって良かったです。

エリーゼと言う車は走る為だけに生まれた車ですから・・・
いつも走りの部分は最高の状態にしてあげたいですよね。
(もっともそんな使い方をしてないのでアレですが・・・w)


出発前に色々と点検します
レストアしてから3年間、いつも通りに出発前は点検します。

レストアする前もした後もそれは変わりません。
アチコチ点検してから、「やっぱカッコエエなぁ~」とちょっと眺めてから車に乗り込んで出発です。
もう儀式みたいなもんですね。雨が降っててもやっぱ点検するし、見とれちゃうし、エリーゼってそんな車です。

だから、雨降りの時は出発時点で割と車内がビショビショです。(爆


コレは六甲山
ココは六甲山だったかな?相変わらずイイ走りをしてくれます。


ぐるぐる橋です
ぐるぐるメガネ橋を越えてお買い物へ。

単なるお買い物、日常生活をこんなにも楽しくさせる車です。
スマート・ロードスターもきっと乗れば同じように楽しいんだろうな。


どこだったかな?
コレはドコだったかな?篠山方面の穴場の道だった気がするが・・・


篠山だったかな?
走って最高に楽しいです。レストアしたから何の不安もありません。

雑誌モデルみたいなエリーゼ乗りのS師匠がよく言ってました。
「タイヤとオイルはケチったらあかん!」と。

タイヤ、オイルはもちろんのコト、エリーゼをエリーゼとして楽しむなら、細かなトコまできっちりとメンテした方がイイでしょうね。
まぁ、エリーゼに限らず全ての車に言えるコトでしょうけど・・・

そんな訳で、コレにてエリーゼとの思い出写真は終わりです。


エリーゼ乗りの方々が、コレからも楽しいエリーゼライフを満喫出来るコトを心から願っております。

エリーゼにご興味がある方も、少しでも可能ならば1歩前に踏み出てみて下さい。
その背中を押す手助けに当ブログがなったのなら、コレ以上嬉しいコトはありません。
何ものにも代えがたい楽しさと人生が待っていると思います。


当ブログはココで一旦休止とさせて頂きます。
今まで長らくのお付き合い、ありがとうございました。
またいつか、お会いするコトが出来れば幸いです。

(完)

スポンサーサイト
にほんブログ村 車ブログ オープンカーへ

テーマ : 修理 - ジャンル : 車・バイク

エピローグ 前篇

みなさま、こんにちわ。
相変わらず慌ただしくも忙しい日々の中の人です。

今日は久しぶりにエリーゼのコトを綴りたいと思います。
と言っても、もう手元にエリ子はおりませんので・・・
最後に残っていたまだうpしてない画像と共に、エリーゼと言う車を振り返りたいと思います。


思い出はエリーゼと共に
もう、最後の最後に大阪唯一の村、千早赤阪村にてパシャリ。

やっぱカッコイイですね。
エリーゼは走っている姿ももちろんカッコイイですが、止まってたたずんでいる姿もまた絵になります。

エリーゼに乗るなら、ちゃんとしたカメラで写真を趣味にする。
そんな乗り方もステキだと最後の方で気付きました。(笑


最近では新居に向けたお買い物車
エリーゼとの生活は終わりになりますが、新生活は始まります。

普通の乗り手だったら、最後の思い出に色んなトコへとドライブして楽しむんでしょうけど・・・
新生活って結構、準備が大変なんですよね。
なので、いつも通りの日常使いがエリーゼとの最後の思い出。(笑

まぁ、行く場所がスーパーではなく、お洒落な家具屋、カーテン屋、インテリア雑貨屋となりましたので、少しはグレードアップしたかな?


もちろん仕事にも全力で使います
もちろん、いつも通り、お仕事でもガンガンに乗ってました。

ホントにエリーゼは万能な車ですね。
燃費もよくて、チビっ子にも大人気な車ですので、オススメです。

と言う訳で、エリーゼがなくなってから約2週間が経ちました。
あれだけ、心がどうにかなるかと思った訳ですが、意外にもエリーゼが無いコトの違和感はありません。
車が無いとか、エリーゼが無いとかよりも、日々とんでもなく問題が起こり、アクシデントがあり、やることが多くて、むしろそっちに気を取られているからか?
んでもって、日常生活に車が無いコトも別に普通です。

大阪市内だと車なんて所有していなくても全く問題無いと言うか、気にもならないのかな?
大阪でコレなら、東京とかどうなるんでしょうね。(怖


ちょっと生活が落ち着いた頃に、ゆっくりとブログでも読み返して・・・
エリ子との日々の思い出を懐かしみたいと思います。


で、コレでブログが終わっては、数少ないブログファン(いるのか?w)の方に申し訳ないので・・・

今日は、ローバーエリーゼに一生乗ると言うコトはどんだけのメンテが必要なのかお伝えしたいと思います。
(一生乗ってないけど・・・w)


1後ろがバラバラです
うっわあああああ・・・ 嘘でしょおおお~ (泣

と言う訳で、主治医の店(旧TKスポーツ)にて後ろがバラバラになってしまったエリ子さん・・・
他のエリーゼがエンジンをホンダ化するとか何とかで、何度も見た光景ですが、さすがに自分の車がこうなってしまっては焦ります。


なんてコトしてくれたんだよっ!

って、怒鳴りたくなります。
だって、仕方ないじゃない。素人の中の人が見たら完全にもう元に戻らないようにしか見えないもん・・・

こんなコトになるなんて聞いてないよ~!(泣

っていう感じです。

経験上、中の人の不注意(事故)から前部分が無くなるコトは何度か体験しているのですが・・・ ヾ(・∀・;)オイオイ
後ろ部分が無くなるのはコレが初でしたので・・・

この時はどうなろうが、一生エリ子に乗るつもりでしたので、「一生乗れるように、50万kmぐらい余裕なようにメンテして!」ってコトでこうなったのであります。
確か、走行距離数にして約14万km走ったトコでした。

今まではどんな車に乗っても、オイル交換と足回りやマフラーなどのパーツを交換するぐらいでした。
ホントの意味でのメンテってのは、エリーゼに乗って初めて経験したと思います。
車ってそんなに色々と替えなきゃダメなんだって初めて知りました。

車の寿命は10年とか10万kmとか、そりゃそうですよね。
なぁ~んもメンテしなかったら、そりゃそうなるわな・・・

今回のメンテで、そのコトをハッキリと認識しました。
もちろん、14万kmも走っている間にメンテは何もしなかった訳ではありません。
壊れやすいと有名なエリーゼだからと言う訳ではありませんが、おそらくは世の中のエリーゼ乗りの中でもトップクラスのメンテ代を費やしたコトだと思います。

(´ε`;)ウーン そうですね・・・
毎年マーチが新車で買えるぐらいでしょうか?
たまに出来心と諸事情で中古のエリーゼが買えるぐら(ry


2あちゃぁ‥コレはやっちまったか?
結構誰よりもメンテしてきた自負はあったのだが・・・

レストアってココまでメンテするんだ・・・
一体どうなるのか?はたして元に戻るのか・・・w


3コチラが名機VVCローバーエンジン
コチラがエリーゼにピッタリの名機ローバーエンジンです。

ローバーエンジンは軽さが最大のウリ・・・ だと思います。
ドコからでもトルクもりもりで加速するのは、エンジンもそうですが、そもそもS2初期までのローバーエリーゼそのものが軽量だからだと思います。
ひょっとしたら、エンジンとギア比からのローバー型の特性かもね。


4このローバーエンジン搭載のエリーゼが神です
VVCが無い更に軽量タイプの方が乗り方に合ってたかもな・・・

中の人がVVCを発動させたのは2回ぐらいかな?
その代わりに、エリーゼ乗りのお仲間が試乗した時にきっちり発動してくれました。(笑


5エンジンから何から取れてます
エンジンから何か取れてますかね?

ちなみに、コチラの画像は1日で撮ったものではありません。
数ヶ月に渡って撮った映像になります。
エンジン下ろして、色々と取って、後ろ全部なくなるメンテをしたら、完成までに数ヶ月掛かります。
数ヶ月の間、特に用も無いのにそれだけお店にお邪魔した訳で(ry


6コチラがエンジン型番と製造Noですね
コチラがエンジンの型番ですね。

18K4KでVVC付の1800ccローバーエンジンってコトになります。
その後ろのP44とかはギア比みたいですね。
何かの資料で読みましたが、ローバー型はギア比違いとかで同じエリーゼでも5パターンぐらいのエンジンが存在するようです。


7どうやったら元通りになるのw
(´ε`;)ウーン… コレ、どうやったら元に戻るんだ・・・


8ヘッドとかタペットとか
えっと・・ コレってエリ子のエンジンの蓋?(業界用語でヘッド)

なんか横に並んでる出来損ないの乾電池の蓋みたいなのは、タペットと言うらしい。
このタペットも全部交換するらしく、このタペットの交換が結構大変な作業だとかなんだとか聞きました。
古くなって劣化すると、エンジン音に金属音が混じるようになります。
それが有名なタペット音でしてこのパーツから発生するみたいです。

確かにエリ子も、カンカンカカカカ・・・とエンジン始動後スグに小さい金属音が混じってました。自分ではまったく解らんかったけどw


9キレイなヘッドですね
キレイなヘッドですねぇ~

また組み直す時に、当然ガスケットも交換してくれるみたいです。
ガスケット交換はコレで3回目になるのかな?
面研も当然してくれるみたいです。
ローバー型はガスケット抜けが最大の弱点になりますから・・・w

国産車に乗っている時にはこんな経験はまず無かったですね。


10エアクリもひび割れ要交換です
エアクリもカーボンの枠以外は全て交換になりました。

ジャバラ部分とかに亀裂があったらしい。


11ほぼ使用限界のクラッチ
今回初めてとなったクラッチの交換です。

14万kmも走っていると、当然に交換が必要になってくるパーツ。
もうほとんど使用限界らしいのですが、キレイに満遍なく磨り減って、上手い運転だと褒めて頂きました。
まぁ、上手い運転と言うよりはほとんど3000回転以下だし、高負荷も掛からないから、悪く言えばぬるぬるな運転ですり減らなかっただけかも知れませんが・・・w
きっとエリ子が軽すぎて負荷が掛からなかっただけでしょう。(多分

50万km乗るために、一生乗るために・・・
そうなれば、アレもコレもと色々交換しなきゃダメなんですねぇ~
14万kmも乗ったら、ココまで劣化するんですね。

車重の軽いエリーゼでこの状態ですから・・・
重い国産車で何もメンテしてない車がちょっと怖いです。
運が良いのか、それとも国産車が丈夫なのか・・・
10万kmも何のメンテもせず乗ってる方はご用心ですよ。


12よくココまで使えましたw
よくココまで使えましたよね。

このタイミングでフルレストアして良かったです。
何もせず乗り続けたら、手遅れになっていたかも知れません。


13プーリーが一番酷い状況ですかね?
クラッチも残りギリギリだったみたいですが、ホントにヤバイのは・・・


14プーリーがヒビだらけ?
ベルトを回していたプーリーがこのようにひび割れだらけ・・・


15裏側からもしっかりひび割れ確認できます
裏側からもハッキリとひび割れが確認出来ます。

そのまま乗っていたら、ファンベルトが切れるとか言う以前にプーリー本体側がぶっ飛んで終わり!?
ベルトもぶっ飛んで、カムも制御できなくなり、バルブとピストンがゴッチン子で、エンジン本体終わりとなってましたね。

10万kmを超えたらフルレストアいりますね。
一生とは言いませんけど、大事に大事に乗り続けたいならね。
もう、色々と分解して貰ってダメなパーツを自分で確認して・・・

そう確信しました。

ローバー型は特にゴム系を多用してますので危ない気がします。
エリ子でこのフルレストア時で車齢14才かな?ゴム系も経年劣化の限界でしょう。
まぁ、年数、距離数で言えばトヨタ型も同じだと思いますが・・・

今、エリーゼに乗っておられる方は、残念な結果になる前に、一度フルレストアを考えてみてはどうでしょうか?

(つづく)



にほんブログ村 車ブログ オープンカーへ

テーマ : 修理 - ジャンル : 車・バイク

スモールランプ球交換の難易度

2019年、今年に入ってずっと忙しいです。

が、気が付けばもう3月。
もう2019年も4分の1が終わっているんですね。(驚

そんな訳で、やっとエリ子さんのヘッドライトのメンテです。


先ずはカバーを外し
このエヴァ的な眼がイイですよね。

ホンマに生きているような気がします。
普段見慣れたカーボンのボディも、眼の部分の入り組んだ複雑なカーボンの感じと、見えない部分でも美しく仕上げた職人の気持ちがイイですね。
まさに萌え~ポイントです。

エリーゼのランプ球の交換について、ご興味がお有りしてたら・・・

→ やっと修理、エリーゼの整備性は…



にほんブログ村 車ブログ オープンカーへ

テーマ : 整備 - ジャンル : 車・バイク

やっと洗車出来ました@エリーゼ

休日ですね。最近、休日の訪れが億劫です。

何をしたらイイのか、次の休日がやってくるのか、月曜の仕事はどうなるのか、鬱になってます。


では行ってきます
とりあえず、12時過ぎにランチに向けて出発です。

いつも通りの休日の光景ですね。
出発するにあたって、エリ子さんのオイル漏れを確認するも・・・

そんなに重症ではなかった感じですかね?
どんな状況なのか、正直分かりません。
神が中の人を試しているかのようです。

その様子の詳しくはコチラで → エリーゼあるある


では、気を取り戻して出発です。


で、到着したのは焼肉きんぐ
到着したランチ場所は焼肉きんぐさんです。

大阪市内にも、近所にも沢山の店舗がありますが、今回もわざわざ遠い堺の石津川店です。
その理由はエリーゼだからこその駐車場事情です。

都会で輪留めがせり上がってくるタイプの駐車場はエリーゼには不可なんです。普通のエリーゼなら大丈夫かも知れませんが、うちの子は輪留めがせり上がってボディ(サイドステップ)に接触すると、カーボンが割れるかも知れませんから・・・

大阪市内を抜け、堺でも石津川付近になると駐車場が段差もないタダの平置き広場になりますからね。


きんぐはナムルが最高ですね
焼肉きんぐさんは、ナムルが神ですよねぇ~

どっから仕入れてるのかな?(爆


野菜と言うより卵クッパ
野菜と言うよりは、卵なクッパ・・・ 美味いっ!

奥さんは何を食べてるのかなぁ~


焼肉‥
焼肉でイイって言ってたのに・・・

確かにバターコーンがイイとか、バターコーンが食べれたらイイとか言ってたけどさぁ・・・
食べ放題のコスパとか、焼肉とかドコ行ったw
(やっぱり、堺東のシィータイに行った方が良かったか?)


その後は主治医のとこ
食後は野暮用もあって、主治医のトコに行きました。


堺のおっちゃん居てた
堺の名物おっちゃんも居てました。

おっちゃん、毎週のようにココで作業してない?(笑
水道、工具、ケミカルなど使用可能の個人的作業(貸しガレージ)はTMRさんみたいに1時間500円とか1000円とかの事業にすればイイのかも知れない。エリーゼの達人のアドバイス込とかで・・・

まぁ、TMRさんでも実際に場所代を払ってる人も請求される場面も見たコトがありませんが・・・w
(中の人も色々お邪魔してるけど請求されたコトがありません)


洗車しました
せっかくなので、ちょっと洗車させて貰うコトにしました。

洗車しつつ、ガスケットからのオイル漏れについても相談しつつ・・・
今朝見たら、治ってたコトも報告しつつ・・・


主治医:ぃぁ、治らんからwww


(´-ω-`) ですよね・・・

で、しばし洗車しつつ、慣れないコトをしたから風邪を引いたのか、急激に花粉症になったのか、クシャミと鼻水が止まりません。


うん、ピカピカです
2~3ヶ月振りに綺麗になったエリ子さん。ピカピカです。

どうやら、オープン状態のままで洗車する行為は同じエリーゼ乗りからすると異常な光景だそうだ。なんで?

ちなみに、奥に鎮座するワイドボディでTKSの全てのパーツが付き、エンジンもホンダ化がされている青い機体は以前の八尾工場時代から何年も見てきたデモカー・・・ だと思ってたのに、実は一般人の速い本気の人の所有物だったみたいです。(汗

きっと、マクラーレン645とか、ランボルギーニの645馬力の何かを所有している人なんだろうなぁ~っと思っていたのですが、どうやら数年前に2代目の方の所有になったみたいですね。

話を聞くと、今日神戸のSさんとお会いしたとか、以前からずっとコチラのブログを見て頂いているとか・・・(滝汗
突然のコトで名前を聞くのを忘れてしまいましたが・・・

世の中って狭いですねぇ~
エリ子を見て、スグにブログの主(中の人)だと解ったそうです。(笑
彼女さん(今は奥さん)もスグにバレました。

エリーゼ乗りは悪いコトは出来ないですね。(爆

にほんブログ村 車ブログ オープンカーへ

テーマ : 整備 - ジャンル : 車・バイク

そんなに甘くないエリーゼ

そんなに甘くない・・・

エリーゼと言ってもブルボンのエリーゼのコトじゃないですよ。
ブルボンのエリーゼは甘いと思います。

と言う訳で、車検から帰ってきたエリーゼエリ子さん。
1ヶ月半にも渡る長期入院の末の退院です。

オイル類は全て交換され、ブレーキ、車高調、タイヤと新しくなり、足回りについてはビックリするぐらいの完成度と、今まで1度も体験したコトのない乗り心地になって復活しました。

日本車の基準と比べると圧倒的にライトウェイトでサイズも小さく、地面にへばり付くペッタンコなフォルムと低重心。山の中じゃコーナリング最強じゃないですかね?
曲がりくねった道をクイックに走る様は、まさにゴキブ(ry

適度なパワーと大きすぎないサイズが丁度イイです。
他の外車と比べて経済的なのも大きな利点です。(多分
山の中でエリーゼに勝てる?車は、スーパーセブンとか、ラディカルとか、なんかそんなちょっと乗用車の形をしていない車でしょうか?
(中の人は速さでは様々な車にまったく勝てませんが・・・)

今までもそうは思っていたんですが、電子制御が燃料噴射程度であとは全て自分次第なので、「コントロールが難しいなぁ~、ブレーキも繊細だし、ハンドリングも粗いとドコに飛んでいくか解らないし・・・」なんて思ってました。
コーナーでほとんどロールもせず速いけど、トロッコの様な不安定さと音とギャップで簡単にすっ飛ぶ感じ。
この不安定さがありつつも速くて面白く、危うさがある感じがローバーエリーゼの魅力だと思ってました。

足回りが死んでたら、そりゃコントロールも難しいですよね。
いまや、全然違う車になっています。(笑

自分にとって、今がエリーゼの初体験な気がします。


と、前置きが長くなりましたが・・・

車検後は西に東に割と走り回り・・・
兵庫、大阪、奈良、三重と600kmは走ったと思います。

前回、車検後スグにオイル漏れ?を発見し、漏れではなく全オイル交換時の残骸か何かだろうと洗浄して様子見となった訳ですが・・・

今日も朝から走り回って、三重の山奥へとお仕事で行っ・・・


( ̄0 ̄;アッ・・


え?まさかの‥?
洗浄したのに、その汚れは・・・

雨・・・ ではないし・・・
完全にオイルが漏れた時の映像だ・・・

この映像は過去に何度も見た記憶、経験がある・・・


うわあ~嫌な斑点模様が
うわぁ・・ 奥の方が数日前に見た感じの雰囲気・・・


完全にもれてるやんw
(-ω-;)ウーン コレは間違いなく漏れてるな・・・


仕事終りに急遽入院か?
と言う訳で、仕事終わりに緊急ドッグ入り・・・

前に洗浄した時も、じわっとオイルが染み出してはいたんですが・・・
下パネルを外して詳しく細部まで見ていくと・・・

どうやら、エンジンとミッションの連結部からオイルが滲んでいる感があるので、コレはミッションを降ろして・・・
オイオイ・・ (;´д`)ノ めっさ、重症やんかww

症状的には2箇所か?(-ω-;)ウーン
ひょっとしてオイルパンを留めているボルトから?

てか、旧車になるとこういう問題は必ず出ますよね。
謎のオイル漏れ。コレが原因で手放したり、放置して駐車場がオイルまみれになったりするのか・・・

つい最近も、旧車のアルファでボトボトを見て・・・
古いポルシェでダブダブを聞いて・・・

まぁ、よくあるコトなんだろうな。気にしない方がイイのか?
エリ子の症状はかなり軽い気がする。


ドコから漏れているのか?
おや?なんだろう?主治医がおもむろにエンジンカバーを外して?

カム?カムの部分が怪しいって!?滲んでる!?
なんかよく解りませんが、下側で滲んでいるのは・・・
たどって行くと、かなり上の方から滲んでいるそうである。


このVVCカムのパッキン?
と言う訳で、カムのプーリー?(ベルトのトコのギア)が・・・

確かにじわっと接合部が少しウェットだ・・・


写真で説明してもらい‥
新しい部品が無いので、写真で説明をして貰い・・・


古いパッキンで説明してもらい‥
で、違う車種でダメになって交換した後の実物部品も見せて貰い・・・

なるほど、このパッキン部品が劣化しているのか・・・
VVCのカムプーリーはエンジンの左右に付いてるから・・・
左側のパッキンがダメになっているってコトは・・・

なるほど、ゴムは同年数で劣化するとして・・・
右の奥でオイルが滲んでいるのは・・・
場所的に同じ理由っぽいですね。

車検より以前に確か、VVCのガスケットも苦戦しましたもんね。
(ドライブシャフトのシールも苦戦したけど・・・)

まぁ、要するに、そろそろ主要のゴム部分交換のシーズンに入ったってコトです。かれこれ3ターン目だろうか?
おそらくは、寒くなったのでゴムの硬化が始まった感じでしょうか?
暑い夏場は問題なかったのが、冬場で縮こまってしまったんですね。
そろそろ同じノリでヘッドガスケット交換時期が来そうで怖いw

とりあえず、今日は部品も無いし、交換はせず。
と言うか、部品があっても数時間で終わるもんでもありません。
今、入院させてしまうと連休に車で旅行に行けません。

幸いにも漏れもたいした量ではなく、滲んでる程度なので・・・


とりあえずパネルはキレイに洗浄
汚れたアンダーパネルを洗浄して、再度様子見です。


あそこに漏れたらスグ解ります
すぐキレイになるんですねぇ~

エリーゼは車体下部が全てパネルで覆われており、整備性は最低ですが、パネルで覆われているコトでオイルが漏れたらスグに解る利点があります。

後ろから見ると、排気系や足回りの具がよく見えますので・・・
教習所で教わったような乗車前の車両点検をノリでやっていると、スグにオイル漏れに気付きます。
それが良いのか悪いのか・・・

中の人は、結構いつもドキドキですけどねw


今日も真っ暗なお帰り
仕事でも遊びでも夜中に帰るのがデフォになってしまった・・・


ちょっと心配事が尽きない中の人である。(泣

幸いにも、SHOPから自宅の経路ではまだ漏れていなかった


にほんブログ村 車ブログ オープンカーへ

テーマ : メンテナンス&ケア - ジャンル : 車・バイク

エリーゼの真の姿@車検後

さぁ~て、皆さん気になるエリ子は車検でどう変わったか!?
新車から15年オーバー、走行距離はもうすぐ18万kmです。

ぇ?そんなに気になってない?

まぁ、ちょっと興味もって付き合って下さいよ・・・w


通勤途中ではありますが‥
車検から帰ってきて、実に久し振りのエヴァ搭乗です。

今日はお仕事で御山を越えた山奥まで行くので丁度イイのです。
こんな時、エリーゼが最高に輝く時です。


めちゃくちゃカッコイイですね
めっさめさカッコイイですねぇ~ ´3`)´3`)´3`)´3`)´3`)ウフフ

今回の車検にあたって、大きく変わったのは車高調とブレーキ。
車高調はアルミのアラゴスタ特注品から鉄のオーリンズ特注品へ。
ブレーキパッドはTKS初期モデルからTKS現モデルへと変更です。

変更と言うよりは・・・
車高調はオイル漏れ、抜けでオーバーホールできないぐらいに劣化破損していたので、(金銭的に)全交換しか手がなかったのです。
ブレーキパッドについては、見た目はまるで減っていなかったのですが、オイル交換時に裏側の奥で斜めに磨り減っているコトが判明しまして、別に交換しなくてもいけるかも知れませんが、走る上で最も重要な部品であるため交換するコトにしました。


で、相変わらず久し振りにエリーゼに乗ると、狭いねw
まるでソーラーカーにでも乗るような寝そべった感じの体育座りで乗り込む訳ですが・・・
狭い、椅子硬い、ブレーキもクラッチも遠い、音がデカい。
そんな感じです。車と言うよりは遊園地のゴーカートみたいです。

で、走り出してみまs・・・


( ̄ェ ̄;) エッ?



改めてカーボンでカッコイイです
(゚ロ゚;)エェッ!? 何コレ!? 

まったく別次元の乗り物になっている!?

「ブレーキの効きがよくなっているので気を付けて下さい」
なんて言われた訳で、('ε') フーンって感じだったのですが・・・

確かにブレーキが良く効くように豹変しています。
今までのエリ子は、ブレーキなんてまるで効きません。
雨の日なんて、ブレーキが付いてないぐらいの感じです。
踏んでも無駄だから、踏まなくてもイイような運転が身に付きました。

けど、新しいパッドになってまるで別物になってました。
踏んだ初期から効きます。止まります。
今までのように大量の遊びがまるでありません。
ブレーキペダルもガタガタだったのがしっかりして建付けのガタがまるでありません。剛性がかなり上がっています。

まるでサーボが付いたかの様なブレーキの効きです。

けどまぁ、このブレーキについてはスグに慣れました。
なんて言っても、ついこないだまでTT君を多用してましたからw
(電子制御満載のTT君はもちろんブレーキサーボ付、ABS付)

ブレーキパッドの変更による効果も大きいのでしょうけど、ブレーキオイルの交換も大きく影響しているのかな?
自分の独自記録によると、10万km以上も使い続けているコトになってますから・・・(勘違い?

ブレーキペダルのガタもなくなり、踏んだ瞬間から効く初期制動力があり、踏んだ時の剛性が上がっております。
コレは逆にヤバいですね。
コーナーリングスピードが上がってしまいそうです。

ちなみに、いつも左フロントから低速時に聞こえていた、カタカタカタカタカタカタ・・・と言う異音は一切なくなりました。
前は異音がしたら、軽くブレーキを踏んだら音が止まっていたので、ブレーキ周りのガタか何かだと思ってましたけどね。
コレは、街中を走っている分でもストレスなくてイイですね。

後ろからのパチンコ玉が前後するような、前に進んだ時のカチ!止まった時のカチ!については、音が止まったと思っていたら、止まってはいませんでした。
(-ω-;)ウーン この音はブレーキが原因じゃないんだ・・・


ちょっと車を止めて見ちゃうよね
けど、ブレーキよりもっと変わっていたのは足回り(車高調)です。

今までは肉眼で確認できるような段差・・・
例えば1cmとか5mmとかの段差をそのまま高速で通過すると、必ずガキーン!ガン!と金属音が発生しました。
また、肉眼で認識できない道路の継ぎ目などの段差をそのまま通過した時も、よくガキーン!ガン!と金属音と鋭い直接的な衝撃がありました。

だから、1度走った場所については、どの程度の段差か、どの程度のダメージがあるかを必然的に覚えるようになりました。
場合によっては、デカぃ金属音の後でエリーゼが吹っ飛ぶコトもw

酷道などを走る際でも、徐行していてもかなりガタガタとトロッコ感がありました。
酷道は徐行していても、かなりの衝撃があります。
皆よくそんな速く走れるよな?なんて思ってました。


が、今回のオーリンズの足回りになって、180度変わったのは、その段差の吸収です。
特に布目や月ヶ瀬や名張の山の中はドコでどれだけの段差があって、車体にダメージがあるか覚えている訳です。

おそるおそる問題の箇所を通過するも・・・

トン。


( ̄ェ ̄;) エッ?

ガキーン!じゃなくて、トン?
トン!じゃなくてトン?

って言うか、金属音がまるでしないっ!?

上手く伝えられませんが・・・
足回りが全部、高剛性のゴムになったかのような感じです。

元々はトヨタ型のエリーゼの車高調なので、それを車重が軽いローバー用に減衰力を改造している訳です。
ローバー型は軽いし、更にボディをカーボンにしているエリ子です。
なので、それでも車高調は固めと言うか、減衰が強くなってます。

なるほど乗ってみれば、かなり剛性が上がった感じで道路のギャップを固く乗り越えていく感じが伝わってきます。

今までは、アルミの固い衝撃と言うか打撃が・・・
なんて言うか、しなやかに高剛性のゴムになった感じ。
(まぁ、オイル漏れと抜けで実質はノーサス状態だったかも?)

なんて言うか、中の人が勝手に思っていたローバー型のエリーゼの常識が吹っ飛びました。

ローバー型のエリーゼは、乗り心地がガタガタと固くて不安定でトロッコ車のようで・・・
ちょっとしたギャップでも車体が吹っ飛ぶ、雨の高速は簡単に前が浮く、道路の継ぎ目で左右に吹っ飛ぶしスピンする、コーナーで荒いハンドリングはタイヤの接地感がスグ0になる、ちょっとしたギャップでスグにハンドルを取られる。

そんなのが当たり前だと思っていたのに、全然違うやんw

ロードレーサーに乗ってる人ならスグ解りますかね?
アルミフレームは軽いけど乗り心地が固くて・・・
クロモリ鋼フレームは重いけどしなやかで・・・
まさにそんな感じなんです。エリーゼの足回りはアルミ製と鉄製で自転車よりもかなり違いが解るかも知れません。

んでもって、実はずっと使っていたフロントタイヤも溝はあるけど年数的に限界だと思っていた訳です。
今までの経験では、スグにブレイクするし、コーナーでスライドするし、コレはもう使用年数から来るタイヤの硬化だと思っていたんです。なので、まだまだ溝はあって車検はパスするけど、実用する上ではかなり気を付けないとダメだと。

車検費用を安くする為だけに、リアタイヤのみの交換としたが・・・
ロングツーリングや冬のドライブでフロントはホントに大丈夫なのかと。

実はこの部分が中の人の大きな悩みでもあったんですが、車高調が変わってまるで話が変わりました。
フロントタイヤの接地感、コーナーでの安定感、高速でのハンドルからの情報伝達、全て問題なしです。
フロントタイヤはスデに3年で45000kmも使っているが、溝もあるし全く問題ない感じです。硬化していて限界ではなく、車高調が機能していなかった為にタイヤが簡単にブレイクしていたようです。
だから、あと1万km、2万kmは使えるんでしょうね。(笑


ワインディングが似合います
ぃや~、ホンマによくなりましたよ。

今までで、一番の新車状態じゃないですかね?

今ココにあるのは、ローバー型の15年前の過走行のエリーゼではなく、最新のトヨタ型S3の新車と言えます。
乗った感じの剛性感、足回りの安定性が完全にトヨタ型です。

一応、足回りのスペックについて確認もしときました。
主治医に詳しく話を聞いたところ、今の設定でもかなり弱めらしい。
20段のオーリンズはバンプ、リバンプとも弱い柔らかめみたい。
特に伸び側のリバンプは最弱で設定しているらしい。
(特に重さがまるでないフロント側は・・・w)

ローバー型は軽いので、それで充分らしい。
と言うコトは、減衰力を強めてまだまだもっとハードに出来るのか?

現時点でもかなり固くて剛性のある感じで充分過ぎる程だけどね。
ちなみにバネレートは前回のハイパコと同じフロント8kg、リア10kgだそうです。バネ形状が違うのか、ハイパコよりも今の直巻?の巻数が多いオーリンズの方が乗り味が好みな感じです。

そもそも前の車高調は、やっぱりサーキットに行って使うべき足回りだったと思います。そもそも確かサーキット用の改造特注品でしたし・・・
エリーゼに軽いアルミの足回りはよく合うと思いますし、サーキットの中で実力を発揮すべき車高調だったんだろうなぁ・・・
100%街乗りの中の人が使っていて何か申し訳ない。


って訳で、15年目にして最高に熟成されてしまったエリ子です。
車は新車がどうとかじゃないと思いました。
問題点を解決していって、悪いトコを改良していって、弱い部分を補ったり、必要なモノを追加してみたり・・・
(企業経営と同じような感じですかね?)

今のエリ子は、ディーラーに並んでるエリーゼの新車よりイイですよ。


魚眼で撮ってみる
ちょっと嬉しくなって、折角だから魚眼レンズでも撮ってみた。


コレはコレでちょっと可愛い
どのタイミングで使うねんw って思ってたけど、コレは可愛いね。


そろそろ椅子が古くなってます
そろそろ椅子もボロボロになってきたなぁ・・・

初めてTMRさんに行って買ったのがコレだから・・・
もう、何年使ってるんだろう?

経費削減の為にまだまだ使い続けますかね?(笑


窓のイギリスは今でも有だと思います
リアウィンドウのイギリス加工、我ながらコレは有ですね。

ちょっと地味にカッコイイ気がします。ほどほどのアピール感で。

問題なのは、同じようにイギリス仕様にしたい!って人のオーダーを受けてフィルムでイギリス国旗までは作ったものの・・・
そっから施工できず、渡すコトもできず、お部屋の倉庫に放置したままのコトか・・・
(しかも、2セット分も・・・w)


リアのこんな角度がイイのです
S2のローバー型はドコから見てもカッコイイがこの角度もイイですね。

エリーゼで通勤するとヤバぃです。
通勤途中で、幸せになりすぎてしまいます。(笑


で、一旦休憩してランチ
そのままサボらず仕事には行きました。んでもってランチです。


で、そのまま仕事を続ける訳ですが、何か、無性に感じる違和感・・・


( ̄◇ ̄;)アッ


え?ちょwww
この・・・ コレは・・・

まさかと思うけど、恒例のアレ・・・


過去なんどか見た嫌な模様
過去に何度も見て、悩まされたアレなのか・・・


しかも場所的に‥
しかも、場所が場所だけに・・・ マジか・・・


結構な量じゃないのか!?
ヽ(´~`; ォィォィ コレは結構な量じゃないのか!?

めさめさワインディングとか快適やのにぃ~
信じられへんぐらい、足回りとか気持ちイイのにぃ~
エンジン音も迫力で、回転もスムーズで調子イイのにぃ~


で、悩んだあげく仕事終りにブラリ
で、色々と悩んだあげく、仕事終りに主治医の元へ行くコトに。


アクセラってマフラーないの?
今のアクセラってマフラー無いの?全部電気?


で、緊急で調査して貰いました
で、到着するなり、緊急でチェックして貰えました。


パネルを外した状態でチェック
アンダーパネルを2枚も外して・・・

へぇ・・・ エリーゼのメカってこうなってんのねw


で、結論としては、ドコも問題のある漏れはなく・・・
微妙に滲んでるトコはまぁ、あったりします。(爆

今回のオイル交換は、全てのオイルを交換したんで・・・
おそらくは、その際に染み出たオイルが走行中に飛散したのかと。


アンダーパネル類を洗って‥
と言うコトで、アンダーパネルを洗ってとりあえず今の油汚れを除去。


様子見となりましたが、きっと大丈夫
キレイになったパネルを付けて様子見するコトになりました。

状況からして、おそらくは何の問題も無さそうです。

それにしても、エリーゼって整備性はかなり悪いですが・・・
このシステムは便利ですよね?

オイルがちょっとでも漏れたら、即座に肉眼で確認できる仕様です。
リアが剥き出しの車ならではですよね。

まぁ、それがまた怖くて心臓に悪いんだが・・・w

何はなくとも、無事に車検を終え、全盛期どころか、新車以上の輝きを取り戻したエリ子。
まだまだ何年も大事にしていきたいですねぇ・・・


コレから先も所持できるかどうかは神のみぞ知る世界です。

っと、その前に今回の車検での神足回り、神メンテは・・・
ナンボなのかまだ知りません。(爆

まだ、計算できていないそうです。(怖


ヤバそうだったら、西成の質屋にでも行ってきます ・・・


にほんブログ村 車ブログ オープンカーへ

テーマ : メンテナンス&ケア - ジャンル : 車・バイク

エリーゼにプリウスにも負けない快適さを

中の人のブログファンの皆様、お待たせしました。ヾ(・ω・o) ォィォィ
(そんな特異な方がホンマに居るのか・・・w)

エリ子ちゃん退院出荷状態です
ようやく、エリーゼエリ子ちゃんが帰ってきましたよ。


スグに走り出したいかも
車検整備に出したのが、9月20日頃ですから・・・

10月頭には戻ってくると軽く考えていた訳ですが・・・
様々な問題と言うか、想定外の高額治療の必要性など・・・


ぃぁ、そんなの(/´△`\)ヤメテー!!

っと、そんなコトがあって、10月もあっと言う間に終り、お戻りは普通に11月になりました。
長かったですねぇ~ (汗

エリーゼと言う特殊な車は、入院期間が長くなれば長くなるほど高額治療が確定する訳です。(滝汗


ちょっと怖いです。
それなりに、経験値から自分で概算は出来るんですが・・・

ぁ、こりゃいかんw 何が経費削減だ・・・ (汗


今回の車検では、通常車検業務に合わせて・・・

 ①全て?のオイル交換
 ②リアタイヤ交換
 ③車高調のオーバーホール
 ④急遽追加のブレーキパッド全交換
 ⑤事前にリチウムバッテリーを用意

となった訳です。
エリーゼ乗りの方なら、大体のお値段がイメージ出来るかな?

ちなみに、③についてはオーバーホールが不可能なぐらいの劣化と消耗で、元々が特注の特注品だったので、高額どころか超絶激アツ高額リーチとなったので、オーバーホールはヤメです。
ヤメと言うか、自動的に主治医のSTOPが掛かりました。(笑

なので、今回は全く別物の車高調キットを用意してもらうコトに。
もちろん、残念ながらその車高調キットもまた特注っぽいです。

( ´△`)アァ- 怖いこわいw


車高調を全交換
新しくなった車高調は金ボディのオーリンズ別体タンク式。


サブタンクはいつもの場所
サブタンクは前と同じ位置に取り付けられております。


ブレーキパッドも交換で
④の急遽交換となったブレーキパッドですが、前と同じ感じですね。

ブレーキパッドやブレーキローター、ブレーキオイルについては前回交換時からスデに115000kmも使用を続けており・・・
まだまだ使えそうな気配だったのですが、オイル交換を行った際にパッドの極端な斜め減り?が確認できたらしく、使用経過年数なども含めてフロントもリアも交換するコトになりました。
ローターはまだまだ使えそうなので、金銭的には助かったかな?


それにしてもカッコイイです
(-ω-;)ウーン それにしてもカッコイイですねぇ・・・

車高調やブレーキ、タイヤを変えたのと、かなり久し振りに乗るので、様々なシーンを運転してからのインプレッションを後日したいと思います。


エリーゼが戻ってきて、お試しドライブよりもまず先に・・・
奥様の為にやっておこうかなぁ~って言う工夫を少々してみます。

と言うのは、奥様が彼女時代からそうですが、エリーゼの助手席でドライブ中に度々寝るコトがあります。
その際に、リラックスの為に靴を脱ぐ訳ですが・・・

お解りですよね?


アルミ剥き出しのエリーゼの車内は・・・
冬場だと、アルミが氷点下。夏場だとアルミが火傷状態。
(運転席も底の薄いドライビングシューズだと同じ状態です)

つまり、快適な適温と言う状態がほとんど無いのです。
あったとして、10月~11月、4月~5月の合計40日間ぐらい?
そのうち土日でドライブする日数と言えば・・・ 4~5日ですかね?

なので、今までは携帯スリッパを用意してたりした訳ですが・・・

この11月は御殿場方面にドライブ旅行を計画していますので、ちょっとでも快適になる様に工夫してみます。
そろそろ真冬でスリッパでも指がチギれるぐらい寒くなるしねw


助手席を型取り
戻ってきたエリーゼの助手席足元のアルミの型取りをします。


で、自宅でサンプル絨毯をカット
お部屋に戻って、サンプルで頂いたカーペットを型にあわせて裁断。


仮で当て込んで‥
カットしたカーペットを仮で当て込んで・・・

「ウネウネっと歪んでる!」ですって?

そりゃそうですよ・・・w


コレが歪みの原因です
歪みの原因はアルミパネルに付いてるこの謎のネジ。

水抜き用ではなく、どうやらホンマにカーペット固定用っぽい。
エリーゼと言う車種で、最も必要のない装備じゃないでしょうか?w

こんな必要の無いモノをわざわざ付けるだなんて・・・
あんだけ軽量化にこだわってアレもコレも取っ払って何も無いエリーゼで唯一、不思議な感じがします。

まぁ、付けても助手席と運転席で計4つ、80gぐらいでしょうから、軽量化の視点からも問題なく、「せめてフロアカーペットを固定できるようにしよう!」なんて話になって標準装着された豪華装備かも知れません。

実際にはコレだけで固定せず、両面テープで固定する方法をメインとして選択したロータス社ではあるが・・・w


エリーゼにはマット止め用のボルトが付いているんです
このアルミ剥き出しがデフォのエリーゼでコレいる?w


位置決めをして印
仮で当て込んだカーペットに、この謎のネジの位置決めを行い・・・

カッターで上手い具合に丸くカットしていきます。


ほい、キレイに装着完了です
んでもって、カットしたカーペットをこのように寸分も狂わず設置です。

どうでしょうか?一応は完璧だと思うのですが・・・
左上部の奥が0.5mmほど隙間が空きましたかね?

歪みもなく、切り取った穴位置も完璧で色目もカーペットを敷いてる感があまり感じられません。
遠目に見れば、運転席と同じアルミに見間違うほどです。(嘘

コレで、防音、防炎、断熱ですから・・・ きっとよく眠れるでしょうw


コレでこの秋冬のドライブも安心ですね。

汚れたら、今度は青いカーペットにしようかな?w

にほんブログ村 車ブログ オープンカーへ

テーマ : DIY日記 - ジャンル : 車・バイク

リチウムバッテリーの謎?

えーっと・・・ 今回のエリーゼの車検は正直悩みました。

と言うのは、半年先には手放さないとダメかも知れませんし・・・
諸事情により、出来る限り精一杯お金を貯めておきたいからです。

そもそも、車検を受けるコト自体がヤメるべきなのかも知れません。
外車で、壊れる英国車の代表格とも言えるエリーゼです。
アレもコレもと欲張れば、トンでもない金額になります。


さて、どうしたもんか?

とりあえず、最低限に絞って、車検とメンテと進める訳ですが・・・

 ①タイヤの溝がもう無い
 ②車高調のショックがオイル漏れ、抜けている
 ③バッテリーが4年経過でそろそろ冬場が限界

と、スデに車検とは別で高額になる要素が3つもあります。(滝汗


さて、どうしたもんかなぁ~

車検を受けるにあたって、①はどうしようもない。
②は・・・ 話によると、足回りがほとんど死んでるらしく仕方ない。
自分でも何となく、そんな気がする。
ちょっとした段差を徐行で乗り越える時でも、結構ダイレクトな衝撃と金属音が・・・
奈良ニュルでも段差の衝撃や金属音、ふっ飛びはかなり激しい。

③は・・・ まだ、自分で選ぶ余地がある。
今までと同じリチウムバッテリーを選ぶなら4万弱。
普通のバッテリーでACデルコなどにすれば6000円程度。
バッテリーの機能としては、どちらを選んでも同じだが、金額の差は3万にもなってしまう。3万の差はデカぃよぉ~
唐揚げ弁当で言えば、50個ぐらいの差がある訳だ。

しかも、経験則で言えば電装品がほとんどないエリーゼの場合は、普通のバッテリーなら5~6年は余裕で持ってしまう。
しかしながら、リチウムバッテリーは3年目から冬場にキツくなる。
4年目の冬が限界じゃないだろうか?

そもそも、リチウムバッテリーで皆さんがよく言う、「儀式」と言うモノがよく解らない。
冬場の寒い始動一発目前に、バッテリーを目覚めさす。
と言うのが儀式らしいが・・・
どの程度、通電させるべきなのか目安が解らない。
年数が経つと、冬場はエンジンが掛かるかどうか解らないぐらいの始動性になってしまうのに、儀式とか言ってエンジン始動前にヘッドライトを点けたり、ブレーキランプを点灯したり・・・

そんなの怖くてドキドキである。
普通の神経では不可能である。

エンジンを始動する前に、バッテリーの容量を使い切って終わってしまうんじゃないか・・・とか不安になってしまう訳である。

エンジンを始動する前に、どんだけライトを点けたらイイの?
活性化とか言って、ライト点けてたらバッテリーが枯渇しない?

普通はそう思うでしょう。
そう思わないなら、貴方自身がエリーゼに乗るロータスクオリティを兼ね備えているのかも知れません。(笑

低価格と安心面を取れば、普通のバッテリーが良いと思うんですが、車種がエリーゼなだけに重さがねぇ・・・
リチウムなら2kgで、普通のバッテリーより12kgは軽いんですよ。
12kgの軽量化が3万で出来るなんてそうそう無いコトです。
軽量化のコスパは最高です。
人間でも12kgの減量は3万では不可能です。


そんな訳で、やっぱり買ってしまいました・・・(笑

説明書を見ると‥
で、初めてしっかりと説明書を読んだかも知れません。


(○'ω'○)ん?


儀式のコトがめっさ書いてある
良く見たら、儀式のコトがかなり具体的に書いてあります・・・


と言うか、どれ見ても書いてあるw
と言うか、どれ見ても儀式のコトが必ず書いてますね。

なるほど、冬場の始動については割と具体的に説明してますね。
この内容を見ていると・・・
ぶっちゃけ、リチウムバッテリーでも4年と言わず、5~6年は余裕で使えるのかも知れません。そんな気がします。


そして、説明書を見るとショウライは3年保証しているんですね。
使用年数によって、保証額が違うみたいです。


3年保証の内訳
半年以内なら全額、3年目を迎える頃でも25%と良心的ですね。

ひょっとしたら、エリ子のバッテリーも25%は保証してくれ・・・


残念、4年経ってる
るほど、世の中は甘くなく、スデに3.9年経過してました。(笑

購入したのは、丁度4年前の今日でしたね。


新品バッテリーをTKSさんで装着して貰ったのですが・・・

とりあえずバッテリーを外してみた
自宅に帰った際に外してみました。

冬場のダメージを軽減できるかもなぁ~ってコトと、バッテリーが小さすぎてゴソゴソ動かないようにしようと思いまして・・・

大昔に箱に入っていた衝撃吸収材?をバッテリーに貼って、断熱とかノリでやってみたのですが・・・
バッテリーにそんなコトしたらあかん!逆に本体に熱が篭る!そもそもそんなバッテリーを見たコトがない!って思ってヤメた経緯があります。


こんなコトしたらあかんと思ってたけど正解だった
が、説明書を見ると、梱包の為の衝撃吸収材ではなく・・・

むしろ、バッテリーのサイズ合わせと言うか、断熱させるのに使ってもイイよ的なアイテムっぽいぞ?


なので、新品で何の問題もない訳ですが・・・
冬場だし、夏場と違って放熱とか考えなくてもイイと思うので・・・


で、器用にまいてみた
薄めの5mmを使ってキレイに全面をコーティングしてみた。


裏もしっかり断熱です
裏(下面)もしっかりとコーティングして・・・

コレで収まりもよくなりそうです。
かなり断熱されて冬場は安心じゃないかな?
(夏場は逆に危険かも知れませんが・・・)


接続部分だけ使える的な
端子の接続部分だけはちょいと大きめに開口させてます。

最悪、ココが放熱部分を兼ねるってコトで、完全密封にするよりも逆にイイかも知れませんね。
ブレーキやステアリングに少し遊びがある設計みたいなもんです。


が、いざエリーゼに取り付ける際に問題が・・・

全周をキレイに覆ったので、バッテリーが一回り大きくなって・・・
逆に上手く装着できません。(爆


仕方が無いので両サイドの断熱材は両方とも剥がしました。

左右の横がパツパツで入らず
で、装着してから、隙間があったので後から差し込みました。

両面テープの弊害でキレイに差し込めず、貼れてませんが・・・
逆にこの程度にしてた方がイイのかも知れません。

あまりに完全断熱してしまうと、熱が篭る気がしますし・・・


ちょっとズレてるのが熱逃がしってコトで?
人間と同じで、少し遊びがあるくらいが丁度イイかも知れませんね。


そんな訳で、バッテリーは前回同様、リチウムで新しくなりました。
このリチウムバッテリーの断熱その他を試してみようと思った方は自己責任でお願いします。
冬場の活性化でバッテリーが枯渇してエンジン始動しなくなったとか、中の人やショウライジャパンに言われても困ります。


車検から戻ってきたエリ子については・・・

後日、インプレしたいと思います。
さっそく、お仕事で遠方まで山を越えて逝きますので・・・

1ヶ月半振りなので、ちょっと怖いですけどね。(笑


にほんブログ村 車ブログ オープンカーへ

テーマ : メンテナンス&ケア - ジャンル : 車・バイク

そろそろ復活なのか?@エリーゼ

そろそろかなぁ~
そろそろなんじゃないかなぁ~

もう1ヶ月以上経つし・・・


w( ̄△ ̄;)wおおっ!


オラのエリーゼ?
よく解らんが、コレはオラのエリ子?エリ子の画像!?

中の人、足回りの仕組みやメーカーについてはほとんど知りません。
むしろ、知らなくても別に問題はないんじゃないかと思います。

世の中の主流はATでプリウスでハイブリッドで低燃費ですよ。
ガソリンとかMTとか、スポーツカーとか流行じゃありません。
足回りがどうのこうのって・・・ そんなのどうでもイイじゃん・・・

世の中やジャパネットがパソコンの話題で持ちきりの時に、そろばんを自慢してどうすんの?そんな感じです。

それが今の世の中なのです。(多分


まぁ、今更エリーゼの凄さをアピールする気はありません。
足回り論議をする気もありません。解らんし・・・
(きっと、世の中と真逆の車事情と存在でしょうし)


しかし、エリ子を車検整備に出して早や40日間経過・・・
ずっと待ちだった、足回りの映像が出回っているってコトは・・・


いよいよか?
そろそろじゃないのか?


そう思い、色々と準備してみるコトにした。

エリーゼではなく
先ずは、連絡を取っていた某所へ・・・ (徒歩来店です)


(-ω-;)ウーン エリーゼ専門店なのに・・・
なんか店前の車が違うんだよな・・・w


おなじみのマークがありますね
しかし、扉にはお馴染みのマークがあります。


エリーゼではなく、セコムグッズ‥
来店プレゼンツでエリーゼではなく、セコムグッズを貰いました。(笑

しばし、話をしての・・・


そんな訳で、老舗のTMRさん
お店?のデモカー@ガルウィング・エクシージ

とりあえずエリ子が帰ってくる準備ってコトで・・・


リチウムGETです
無駄にエエ写真を撮ろうとカメラマンを夢見てみる中の人・・・w


ショウライの正規代理店であるTMRさんでオーダーしたのです。

ショウライはどちらかと言うと、バイク用なんだけどね・・・
まぁ、バイクみたいなエリーゼにはイイのかも知れません。

どうなるか解りませんが、新しいリチウムバッテリーを確保したので、今から約2~3年ぐらいは冬場でも大丈夫ですかね?

コレで、11月下旬のロングツーリングは大丈夫だと思います。
寒くっても、エンジン始動余裕のハズ・・・

まぁ、まったくの無意味になるかも知れませんけどね。(爆


今年中にエリーゼを降りるかどうかの選択が・・・(怖


にほんブログ村 車ブログ オープンカーへ

テーマ : メンテナンス&ケア - ジャンル : 車・バイク

まだ充電中・・・ @エリーゼ

最近はずっとTT君生活しております。

TT君な毎日です
どっちかと言うと、遊びではなくお仕事なんだけど・・・

遊びの方はもっぱら徒歩と電車、バスになっております。(笑


そろそろかなぁ~



エリ子はまだ空中遊泳
相変わらず、まだ空中遊泳中だった・・・w


エアクリはカーボンなんかな?
カーボンっぽいエアクリが外されてました。

きっとこのカーボンは偽者ですかね?
足回りの着脱に邪魔なのと、掃除も兼ねて外しているみたいです。


タイヤが新しくなってました
タイヤの方はスデに新しくなっていました。

予算の都合上、リアタイヤだけなんだけどね。
エリーゼでリアタイヤを26000kmも使った人は皆無でしょうね。(笑


特に問題はないようで
そろそろ18万kmのエンジンも特に問題なし。

今までに色々とガスケットやら、謎のオイル漏れやら何度も修復を繰り返していますので、車検と言って特にやるコトはなく、問題も無いみたいです。
ローバーエンジンは元々、丈夫な設計なんですよね。
(無理やりパワーを上げず、丁寧に乗ってる限り)


ただ、ショックがまだです
あとは車高調待ち・・・ ホンマにオーバーホール出来るのかな?


お時間掛かりそうですね
結構、お時間掛かりそうですね。


そんな訳で、連続の台風到来とはならなかった3連休。

ですが、ぼちぼちと散歩とかでおとなしく過ごします。(笑

たまにはドライブ無しの休日もエエかも知れません。


にほんブログ村 車ブログ オープンカーへ

テーマ : 自動車の整備&修理 - ジャンル : 車・バイク

中の人

naru (とエリ子)

Author:naru (とエリ子)
軽い車…好きなんです
屋根ないの( ・∀・)イイ!

ブログランキング参加中

FC2Blog Ranking

FC2カウンター
最新記事
カテゴリ
コメント アリガト!(´▽`)
月別アーカイブ
ブログ更新日
07 | 2019/08 | 09
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
設定方法わかったかも・・
リンク
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
車・バイク
101位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
スポーツカー
6位
アクセスランキングを見る>>
検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最新トラックバック
解析と広告の忍者